尿ビリルビン

  定義   古くなった赤血球中のヘモグロビンが破壊されたときに生成される黄色の物質で、血液検査での総ビリルビンが2.0㎎/dL以上になると、尿中に現れます。肝臓や胆道の異常を示唆します。

尿ウロビリノーゲン

  定義   ウロビリノーゲンは胆汁に含まれるビリルビンが、腸内細菌によって還元され、作られます。尿中ウロビリノーゲンの量によって、肝臓や胆道の異常を示唆します。     生活改善