咳女

特定感染症保険

 

前回は、一般的な長引く咳の原因や種類をお伝えしました。

今回は、長引く咳の中でもなかなか思いつかない「オトナの喘息(ぜんそく)」についてお話します。

 

佐藤祐造 医師

監修:佐藤祐造 医師

[表示]

名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

 

 

オトナの喘息の特徴

 

風邪などの感染症が治っても、咳が長期間(発症後8週間以上)続く場合は、咳喘息のおそれがあります。

咳喘息は、発作的な激しい咳が夜中から明け方に出る、気道が刺激に過敏になっていて、アレルゲンが咳の誘因になる、季節によって悪化するなどの点は喘息とよく似ています。

違いとしては、「ゼーゼー、ヒューヒュー」といった喘鳴や呼吸困難を伴わない 痰はあまりからまない といった点です。

1~2ヶ月の薬物治療で治ることが多いとされていますが、大人の約3~4割(子どもではさらに高率)が、喘鳴を伴う典型的な喘息に移行するという報告があります。

 

 

 

 

喘息は子供だけのものではない

 

日本では、子どもの5~7%、大人の3~5%が喘息にかかっているといわれています。

子どもの喘息は男子に比較的多くアレルギーが原因であることがほとんどとされています。小学校高学年ぐらいから発作がなくなる時期がありますが、20~30歳代に再発することもあります。

大人の喘息の6~8割が大人になって初めて発症した人たちで、男女比も変わりません。子どもの喘息に比べ、原因が明確に特定できない場合が多いとされています。

 

表

 

最近では、洗濯時に利用する「柔軟仕上げ剤」も原因とされています。

柔軟剤仕上げ剤の中には、芳香が強い種類のものが流行しています。

その化学的なにおいが刺激となり咳が止まらないという訴えが、国民生活センターに多く寄せられるようになりました。(化学物質過敏症)

 

 

 

 

咳喘息という病気があります

 

風邪、インフルエンザ、百日咳、マイコプラズマなど、感染症によっても発作性の咳が出ます。

感染症による炎症がきっかけとなり、喘息(ぜんそく)を発症することもあります。

また、長く続く症状が結核やがんであることもあります。

風邪などはセルフケアによって短期間で治ることも多いのですが、感染力が強い、重症化しやすいなど、抗菌薬による治療が必要となる感染症もあり、症状が激しい場合や長引く場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

 

喘息に似た症状の病気
喘息に似た症状の病気・移行しやすい病気

 

 

出典

第一三共ヘルスケア くすりと健康の情報局「喘息(ぜんそく)」

 

昨日より今日、今日より明日 もっと良くなるあなたの健康。

予防法の気づきがもらえる健康コラム。 

いつもポケット中に健康コラムとヘルスライフを。