夫婦

特定感染症保険

 

11月22日は「いい夫婦の日」ですね。

この日に婚姻届を出すご夫婦はとても多いそうです。

また、結婚式でも一番人気の日だそうです。

 

新婚生活をしばらく過ぎたご夫婦のみなさん、夫婦で会話できていますか?

自分の気持ちをうまく伝えられずにモヤモヤしていませんか?そんなときには、このシート。

夫婦が本音で話せる魔法のシート

今のこと、将来のことについて、すんなり話ができるシートができました。

これからの二人のこと、家族のことを話してみませんか?

 

夫婦

 

夫婦が本音で話せる魔法のシート 「○○家作戦会議」

家族が仲良く暮らしていくためには、夫婦の協力体制がとても大切です。

 

自分の気持ちを上手く相手に伝えられず、モヤモヤしていませんか?

このシートを活用して楽しく真剣に、これからの二人のこと、家族のことを話してみましょう。

 

日々の家事や育児の項目を洗い出し、どのようにシェアし、お互いに支え合うのがよいかを確認し合うためのコミュニケーションツールです。

シートの内容は簡単ですが、とにもかくにも 夫婦が二人で話すことが大切です。

 

PART.1 素直な気持ちを伝えてみよう

自分がどんな暮らしをしているのか、日々どんなことを思っているのか。

空欄を埋めて、パートナーとシェアしましょう。

 

PART.2 二人の今を再確認!

今の暮らしを振り返りながら、自分の理想の暮らしについて考えてみましょう。

現在の時間の使い方と、「本当はこんな暮らしがしたい」という理想の時間の使い方を示してみましょう。

 

PART.3 「家のこと」のシェアの仕方を考えよう

二人の理想の暮らしを実現するために、日々の暮らしをどのように営むか? 特に家事・育児は二人の協力が不可欠です。

あなたが、家族にとって重要と思う家事を10個書き出し、現在の分担度合について、目盛りグラフを使って確認してみましょう。負担に感じている家事、相手に助けてほしい家事にチェックをつけて下さい。

 

それからお互いのシートを照らし合わせて、負担が重いものについて、例えば、第三者の助けを借りること、有料サービスを利用することを検討するほか、思い切って、その家事はやめることなども選択肢として視野にいれましょう。

 

解決策はこんな感じ。

・二人で“パラレル家事”

二人が同時に別の家事をこなす「パラレル(同時並行)家事」は、超効率的。

レギュラーの組み合わせ(ex:料理×食卓準備、掃除×おふろ)を決めておくとスイスイ片付きます。一方が家事、もう一方がダラダラはなるべく避けましょう!

 

・余分な家事は“断捨離”

立派な料理が作れなくたって、余分な家事を減らすことも大切なこと。

靴下の脱ぎっぱなし、テーブルの物置化、ポケットのゴミ…日々の暮らしをチェックし、減らせるものを考えてみましょう。

 

・“言われる前にやる”で信頼は急上昇!

「わざわざ言わないとやってくれない」家事シェアをする際の代表的なストレスとも言われています。

逆にいうと、率先して動くだけで信頼は急上昇!たとえ小さな家事でも、その心遣いに相手は救われるんですよ。

 

・意外なレスキューワード「子どもと遊びに行くね」

子どもの相手×家事=超ヘビーワーク!

この二つが分担できるだけで、ぐっと楽な気持ちに。思い切って自分&子どもだけでお出かけすると、パートナーは喜ぶかもしれません。

 

・他人と比べない

ついつい他人の家庭がまぶしくみえがち。けれど、本当の家族の実態なんて外から見ても分からないものです。

他所を引き合いに出すのは夫婦間の大きな亀裂を生みます。気を付けましょう!

 

夫婦

 

家事も育児も「ワンオペ」であると感じた瞬間、不満や不公平感が湧き上がってきます。

それは、亀裂の始まりです。まずは、パートナーの不満に気づくこと。それができるのが、このシートの良いところです。

今を再確認する上でも、「いい夫婦の日」に本音で話し合ってみませんか。

 

 

出典

内閣府ホームページ 男女共同参画局 夫婦が本音で話せる魔法のシート 「○○家作戦会議」

 

佐藤祐造 医師

監修:佐藤祐造 医師

[表示]

名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長