腸内環境

特定感染症保険

 

お食事中の方、ごめんなさい!!

 

皆さん、毎日きちんと「うんち」出ていますか?

昔と違い、毎日快便の方が減っているようです。

特に、女性は便秘の方が多いらしいですね。

男性はストレスを感じると下痢になりやすいとか・・・。

 

今回は、以前ドリルでも大変流行した「うんち」のお話です。

 

佐藤祐造 医師

監修:佐藤祐造 医師

[表示]

名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

 

 

理想の「お便り」とは?

 

健康な人のうんち

 

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、理想の「お便り」とはどのような状態を指すのでしょうか?

 

答えは、「ばななうんち」と言われており、その特徴は以下の通りです。

 

・ 水分:75-80%

・ 色:黄色~黄褐色

・ 量:バナナ2-3本

・ 臭い:きつくない(乳児はビフィズス菌が多いので甘酸っぱい臭いがする)

 

するっと爽快に出て、おしりを拭いても紙につかず、軽く水に浮くとベストです。

 

 

 

 

「腸内バランスを整える」事が大切!

 

「腸内バランス」とは、「大腸内に生育している細菌の構成バランス」のことです。

健康な人であれば、善玉菌20%、悪玉菌10%のバランスになっています。

残りの70%は「日和見菌」といって、良い働きも悪い働きもする菌種です。

 

健康な人の「お便り」は、80%が水分で、残る20%のうち3分の1が食べカス、3分の1が生きた腸内細菌、3分の1がはがれた腸粘膜です。

この理想的な「お便り」が毎日届く為には、腸内細菌を整えることが必要になります。

 

 

食物繊維と乳酸菌、ビフィズス菌が決め手

 

腸内環境を整える料理

 

腸内細菌を整える為に重要なことは、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルト食物繊維たっぷりの食事を日常的に摂ること。

そして、運動を取り入れて、立派な「お便り」をしっかり押し出す力をつけることが大切です。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、ヨーグルトの他、チーズなどの乳製品に多く含まれます。

また漬物、みそ、納豆、キムチなどの発酵食品にも含まれます。

これらの食品を毎日摂って、適度な運動をし、ストレスをためない生活が、理想的な「お便り」を生み出すのです。

 

 

 

 

運動不足と野菜不足は要注意!

 

便秘な人

 

一方、腸内バランスを悪くする習慣も存在し、これには注意をしなければなりません。

その習慣とは、下記の4つです。 

 

①  肉の食べすぎ

悪玉菌の代表「ウェルシュ菌」は、たんぱく質を腐敗させて毒素を作ります。

肉などのタンパク質が多くなると悪玉菌が多くなり、腸内バランスが崩れます。

 

② 野菜不足

食物繊維は、「お便り」を構成する主要な要素。

たっぷり摂ると、「お便り」の量を増やせます。

特に水溶性食物繊維(海草・きのこ類)は水分を程よく含み、良い「お便り」を作ってくれます。

即ち、野菜不足は「便秘」の原因になります。

 

③ 運動不足

快便には、押し出す力が必要。

腸の動きを「蠕動(ぜんどう)」といい、一日1~2回起こりますが、ストレスや筋力不足などがあると、腸蠕動が悪くなります。

腸周りの筋肉(腸腰筋:ちょうようきん)を鍛えることが重要です。

その為には、もも上げ、スクワットなどがオススメの運動です。

 

④ アルコールの飲みすぎ

アルコールを大量に摂取すると、糖や脂肪の分解・吸収が低下し、下痢を起こしやすくなります。

下痢は、腸内の善玉菌も一気に排泄してしまうため、なかなか腸内バランスが整いません。

飲酒は、適量までにしましょう。

 

カラダからの、大切な「お便り」であるうんち。

食べ物が変われば、うんちも変わります。

うんちの通路「大腸」がキレイな良い環境であれば、「大腸がん」や「ポリープ」「痔」などの疾患も予防できますよ。

時には「お便り」を確認して、腸内バランスの健康を維持していきましょう。

 

 

出典

大鵬薬品HP ウンチから、腸内環境がわかる(監修:辨野義己 独立行政法人理化学研究所)

e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

昨日より今日、今日より明日 もっと良くなるあなたの健康。

予防法の気づきがもらえる健康コラム。

いつもポケット中に健康コラムとヘルスライフを。