野菜

特定感染症保険

 

8月31日の「野菜の日」にタキイ種苗から「2019年度 野菜と家庭菜園に関する調査」が発表されました。

 

野菜

 

 

みんな意外と野菜好き

 

調査結果では、大人の野菜好きはなんと90.3%、こどもは64.8%でした。

野菜が「大好き」(39.3%)、「どちらかといえば好き」(51.0%)な大人は、合わせて90.3%となり、前年度から4ポイント増で、9割を超えました。

特に「大好き」が4.1ポイント上昇しており、野菜好きの大人が増えているという結果になりました。

野菜摂取量が少ないといわれる中、意外にみなさん野菜がお好きなようですね。

 

 

 

 

「好きな野菜」令和初の栄冠は?

 

大人の好きな野菜では、「トマト」(68.2%)が11年連続で1位となり、2位の「たまねぎ」(65.3%)とともに安定の人気を示しました。

 

大人が好きな野菜トップ10

出典:大人が好きな野菜 トップ10 (2018年、2019年比較)  タキイ種苗株式会社「2019年度 野菜と家庭菜園に関する調査」

 

「とうもろこし」(65.2%)は前年度から6.5ポイント増で、トップ3入りを果たしています。

7位「アスパラ」(59.2%)は5.9ポイント増、9位「さつまいも」(58.5%)は7.2ポイント増と、ともに大幅にスコアを上げ、昨年度のランク外からトップ10入りとなっています。

逆に「ゴーヤ」「セロリ」が苦手な野菜のトップ2。

約4割の大人は「嫌いな野菜がない」!

大人が嫌いな野菜は、1位「セロリ」(24.3%)、2位「ゴーヤ」(20.3%)でした。

ゴーヤは昨年度より7.5ポイント減となり、嫌いな人は2割に留まっています。

「嫌いな野菜は特にない」(37.8%)は昨年度より5.6ポイント増となり、4割近い人は野菜全般が好きであることがわかりました。

また、ポイントで見ると全体的に嫌いな割合が下がっていることもわかりました。

 

 

野菜は好きだけど、十分食べられない

 

みなさん、野菜は好きだけど「量を食べられない」と感じているようです。

「野菜不足」を実感している人に「十分に摂れていない理由」を聞いたところ、

1位「量をたくさん食べられないから」(35.9%)は前年度から6.3ポイント増となりました。

2位「野菜の値段が高いから」(31.8%)は4.5ポイント増となり、価格面がネックになっていることもわかりました。

5位の「野菜を十分に食べたり、料理をするだけの時間がないから」(18.8%)は、3.1ポイント増で、忙しい現代人の様子と、野菜を十分に食べるには時間が必要であることが窺えます。

また、4位の「野菜をたくさん食べる料理方法がよくわからないから」(21.8%)、7位の「どんな野菜をもっと食べたらよいか、よくわからないから」(13.5%)がそれぞれ微増しており、野菜をたくさん使う料理方法や、摂取すべき野菜についての知識が、野菜不足解消のためのひとつのカギになりそうです。

 

 

 

時短のカギはトマトにあり

 

トマト

 

忙しい現代人は、料理をする時間がないとき、どのような野菜を選んで購入しているのでしょうか。

1位は「トマト」(51.9%)が過半数を超え、そのままでも食べられる、焼く・煮るなどしてもおいしい「トマト」が時短メニューでも活躍していることがわかりました。

2位には「たまねぎ」(41.5%)が入り、1位、2位の順位は「大人の好きな野菜ランキング」と同様となりました。

3位「キャベツ」(39.3%)、

4位「きゅうり」(36.9%)、

5位「レタス」(31.4%)までは3割を超えており、サラダでも食べられる野菜が、時間がないときに重宝されていることがわかります。

 

日本人が好きな野菜はトマトでした。

キライな人が多いかと思っていましたが、意外にも時短料理にもつながると判明しました。

 

今後は、他の野菜ももっと食べれるようになるといいですね。

少しの工夫が野菜摂取量増加につながりそうです。

 

 

出典 

タキイ種苗HP「2019年度 野菜と家庭菜園に関する調査」

 

佐藤祐造 医師

監修:佐藤祐造 医師

[表示]

名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

 

昨日より今日、今日より明日。もっと良くなるあなたの健康。

予防法の気づきがもらえる健康コラム。

いつもポケット中に健康コラムとヘルスライフを。