生け花

特定感染症保険

 

今回は、花のもつ癒しの効果についてお話します。

 

 

花の効果は医学的に証明されています

 

花の持つ癒し効果を指先での心拍変動性(HRV)と気分プロフィール検査(POMS短縮版)によって、花がストレスを緩和し、リラックス亢進をもたらすことが明らかになりました。

詳しく説明すると、バラの生花を見た人とそうでない人とを比較した場合、花を見た人は、ストレス状態で高くなる交感神経の緊張が25%低下し、リラックス状態で高くなる副交感神経の活動が29%上昇しました。

花を見るという視覚からの刺激が、人に与える影響を始めて数値化した証明でした。

他にも、「癒される」「イラつきが軽減される」「緊張や不安がほぐれる」などメンタル面に好影響を与えていることもわかりました。

 

 

 

 

主な花の効果

 

生け花する女性

 

そのほかの花の主な効果としては

・ストレスの軽減

・不安感 ・抑うつ軽減 

・イライラ・焦りを抑える

・身体の疲れを癒す

・意欲を高める 

などがあげられます。

 

 

効果的な花の飾り方

 

色の持つ効果を上手に利用する。

効果的で簡単な花の飾り方は、色による効果を受ける方法です。

○赤・・・やる気アップ 体内の活力アップにも

○ピンク・・・やさしくなれる色です。緊張をほぐしリラックスしたい時に。女性ホルモンも分泌するのでアンチエイジングにも効果的。

○オレンジ・・・新陳代謝アップ。気持ちも明るく。

○青・・・冷静さを取り戻したい時。

○白・・・心を癒し、気持ちをリセットしたい時。頭をスッキリさせたい時。

○黄色・・・人間関係に悩んでいる時、コミュニケーションアップに。

 

 

花の効果は視覚だけでなく嗅覚からも受け取れます

 

嗅覚から感じる「やさしい、穏やかな香り」は、自律神経にはたらきかけ、穏やかな気持ちやリラックスした感情をもたらしてくれます。

精油を用いるアロマテラピーよりも、自然の香りであるため、なじみやすく感じる人も多いようです。

 

 

生花が面倒という方は・・・

 

ハーバリウム

 

インスタ映えするので、人気急上昇の「ハーバリウム」

最近では 「ハーバリウム」という飾り方も人気があります。

ハーバリウムは、ドライフラワーを入れたガラス瓶に専用のオイルを注いで作ります。

最近では、素材がセット販売されているので、手軽に作ることができます。

香りがないのが残念ですが、花が本来持っている鮮やかさや、癒しの視覚効果は、そのままです。

インスタ映えすることもあり、人気の飾り方です。

 

 

 

 

ストレスチェックの後に・・・

 

健康管理アプリ「ヘルス×ライフ」では、ストレスチェックを手軽に行うことができます。

ストレスチェックの結果が思わしくなかった時、ちょっと疲れが貯まった時、花の癒しの効果でセルフケアをしてみませんか。

 

 

出典

花きの視覚的刺激がもたらす生理的リラックス効果 千葉大学環境健康フィールド科学センター 李宙営 ・宮崎良文

 

佐藤祐造 医師

監修:佐藤祐造 医師

[表示]

名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

 

ドクターがすすめる日々の健康管理法。

毎日の健康管理はヘルスライフで歩数を確認することから。