赤ちゃんと犬

特定感染症保険

 

2017年6月18日に「NHKスペシャル 睡眠負債が危ない」という番組が放映されてから、「睡眠負債」という言葉が広く知られるようになりました。

日本人の睡眠時間が世界最短になる中、慢性的な睡眠不足が、健康に深刻な影響を与える事が分かってきました。

今回は話題の「睡眠負債」について、ご紹介します。

 

佐藤祐造 医師

監修:佐藤祐造 医師

[表示]

名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

 

 

そもそも「睡眠負債」とは?

 

睡眠不足が蓄積して気づかないうちに病気のリスクが高まったり、仕事のパフォーマンスが大幅に低下してしまう事を、睡眠研究の分野では「睡眠負債」と呼んでいます。

 

 

 

 

「6時間睡眠」 徹夜と同じ!?

 

ペンシルベニア大学医学部等の研究チームは、被験者を睡眠時間ごとのグループに分け、経過日数と、注意力や集中力がどう変化するかを調査しました。

以下の図が、その調査結果です。

 

図

図1:睡眠時間と脳の反応速度の推移(出典:ちゃんと眠れていますかー働き盛りが危ない睡眠負債

 

結果、6時間睡眠グループの脳の反応速度は、徹夜グループほど急激な低下はしなかったものの、14日後には2日連続で徹夜したグループと同じレベルまで低下しました。

一方で8時間睡眠のグループは、2週間経過しても、脳の働きに問題はみられませんでした。

注意したいのは、徹夜グループは強い眠気を自覚していたのに対して、6時間睡眠グループの多くは、それ程脳機能の働きの低下を自覚していませんでした。

つまり6時間睡眠は、あまり自覚のないまま注意力や判断力が鈍り、生産性の低下や、思わぬ事故の発生につながる可能性がある、という事を示唆しています。

 

 

「睡眠負債」は、がんや認知症のリスクを高める!?

 

睡眠負債は、脳の働きを低下させる事だけではありません。

東北大学の研究では、睡眠時間と乳がんの発症リスクを調べたところ、平均睡眠時間が6時間以下の人は、7時間睡眠の人に対して、乳がんのリスクが約1.6倍になる事が分かりました。

原因として、シカゴ大学等の研究から、睡眠不足が免疫機能の働きに影響を与えている可能性が指摘されています。

 

 

日本人の睡眠時間は年々短くなり、世界最短クラスに!?

 

図2から、日本人の睡眠時間は年々短くなっていることが分かります。

また、図3より、特に子供たちや就労者の睡眠時間は世界で最も短いと言われています(図3)。

 

日本人の睡眠時間推移

図2:日本人の睡眠時間の推移(出典:WEBサイト「良い睡眠で快適生活」より)

国別睡眠時間

図3:就労者の男女別睡眠時間(出典:e-ヘルスネット「睡眠と生活習慣病との深い関係」 図3は総務省統計局労働力人口統計室「統計」2006を参考)

 

図3は就労者の男女別の睡眠時間を国際比較した結果です。

他国に比べても日本人の睡眠時間の短さが分かります。

特に女性は家事や育児の負担の為、男性よりもさらに睡眠時間が短く、慢性的な寝不足状態にある事を伺わせます。

 

 

 

 

「睡眠負債」の返し方

 

がんや認知症のリスクを高める「睡眠負債」。どのように解消したら良いのでしょうか。

解消法はシンプルで、寝不足分は寝る事で解消します。

「週末寝だめしてるよ」という方も多いと思いますが、平日と週末の睡眠時間が2間以上開きがあると、健康にはよくないと言われています。

年代により必要な睡眠時間数は変わりますが、20代~50代の場合は1日7~8時間と言われています。

平日の睡眠時間が6時間以下の方は、時間の使い方を見直したり、睡眠の質を高める為に就寝前のスマホ・カフェイン・飲酒を止め、入浴で汗を流すなど工夫しましょう。

 

 

参考

NHKスペシャル「 睡眠負債が危ない

Yahoo!ニュース「ちゃんと眠れていますかー働き盛りが危ない睡眠負債

e-ヘルスネット「睡眠と生活習慣病との深い関係

 

昨日より今日、今日より明日。もっと良くなるあなたの健康。

予防法の気づきがもらえる健康コラム。

 いつもポケットの中に健康コラムとヘルスライフを。